産業廃棄物を焼却する設備や、処理の仕組みについてご説明いたします。
サイトマップ
産業廃棄物処理トータルシステムで地域環境の向上を 株式会社 京都環境保全公社
ホーム会社案内処理施設案内収集運搬エリア情報公開リンクよくあるご質問お問い合わせ


焼却処理

伏見環境保全センター

産業廃棄物を焼却処理する設備の概要や、焼却処理の仕組みについてご説明いたします。

焼却炉概要

京都環境保全公社が所有する、焼却炉に関する情報です。

焼却炉概要
  • 連続燃焼式を採用。
  • 焼却処理能力は、1日に100t。普通産業廃棄物、医療廃棄物や下水汚泥を焼却しています。
  • 厳しい排ガス規制をクリアし、適切な焼却を行なっています。
  • ロータリキルン連続燃焼式焼却炉。
  • 三菱重工業(株)による設計・施工。

焼却処理の仕組み

フローシート

フロー図拡大図

焼却処理能力

京都環境保全公社が所有する、焼却炉の処理能力や稼動時間に関する情報です。

施設の種類 焼却施設
許可品目 汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、特別管理産業廃棄物(廃油、汚泥、感染性廃棄物)
設置年月日 平成8年1月18日
設置場所 京都府京都市伏見区横大路千両松町126番地
処理能力 汚泥:18m3/日 廃油:11m3/日 廃プラスチック類:100t/日 その他の産廃:62t/日
稼働時間 24時間/日
処理方式 ロータリーキルンプラス後燃焼ストーカー式焼却炉
ページの先頭へ